貸切バスで快適旅

バス旅行には、旅行会社がバス会社が企画するバス旅行と個人や団体がバスをチャーターしておこなうものがあります。貸切バスのメリットとして、まずは融通が利くことです。日程、時間、行先、休憩回数、ルート、寄り道するところなど、依頼主の要望を聞いて行くことができるのが良い点です。たとえば、俳句の会で貸切バスを利用する場合、参加者の年齢が少し高めなことが多いでしょう。その際に気になることがトイレ事情です。車両によっては、トイレ付きのバスが用意できることもありますので、何度もトイレ休憩に寄ることもありません。路線バスだと、トイレに行きたくなっても我慢するか、途中で降りてトイレに寄らなければなりません。そのような不測の事態を、貸切バスでしたら回避することができます。

ほかには、貸切バスなら事前の打ち合わせや段取りが取られることが多いので、参加者の要望をしっかり取り入れることができるので、快適な旅を楽しむことができます。ですから、オリジナリティー溢れるプランを考えることもできる場合も多いのです。型にはまった旅行に比べると、オリジナリティーあふれる旅行というのは心に残ることも多いです。あとは、集合や解散場所の指定ができるのも大きな魅力です。バスツアーですと、バス停や駅といった一般的に集まる頻度が高いところが集合場所になることが多いです。帰りは、特にお土産などの荷物が増えてしまう可能性もあります。バス停や駅から自宅まで帰るのはとても困難です。しかし、自宅から近い場所を集合・解散場所にすると、困ることはありません。中には、ドアトゥドアでの対応が可能な場合もあります。特に、荷物が多い時はありがたい制度です。

貸切バスのメリットとしてもうひとつ大きいのは、車内で取るコミュニケーションが楽なことです。知らない人が参加するバス旅行も新しい出会いがあって楽しいかもしれませんが、気心の知れた友人と小さな空間を共にして過ごすことも楽しい時間を過ごすことができます。知らない人ばかりだと萎縮してしまう人も、知っている人ばかりだと気を遣うことなく過ごすことができます。貸切バスならば、同じ目的のある人や、学校のサークル、気の置けないメンバーが同乗するのでストレスが少ないです。

たとえば、学校のサークルで貸切バスを利用するのであれば、車内でレクチャーを受けたり、ミーティングをおこなうこともできます。ゲームやレクリエーションなどあらかじめ用意しておけば、道中も楽しむことができて盛り上がります。新歓の企画なら自己紹介の時間もあって、実際に現地に行くまでに仲良くなれる可能性もあります。このように、貸切バスのメリットは旅行行程そのものにもメリットがありますし、車内でのコミュニケーションを円滑に図る上でもストレスなく過ごすことができます。