貸切バスの一般的な利用と情報

貸切バスは、その使いみちによって色々なタイプや種類がありますが、よく使われるところは学校の遠足や修学旅行、一般団体の人達の観光旅行(観光の場合はツアー観光バスもある)や、団体での催しごとなどの送迎など、その時時においていろんな用途に使用されています。特に、学校の修学旅行や社員旅行などは団体での貸切りになります。路線バスなどとは異なり、停留所を利用して時折停車するわけでもないので、乗降の際は、思い思いの場所で降りることが可能な場合があります。これが大きなメリットともなっています。

貸切バスの予約や使用に関しては会社に依頼することになりますが、人数によっては選ぶ車種はマチマチです。利用できる車種はさまざまで、大型バス、中型バス、小型バスやマイクロバスなどがあります。人数によって依頼することが出来ますし、一般的には運転手つきなので、運転の心配をする必要はありません。もし、深夜や夜間走行することになれば運転手を二名つける会社もあるので、安心して任すことができます。さらに、貸切バスには、通常は冷暖房が完備されているので暑い夏も寒い夏も快適に過ごすことができます。中には、テレビなどの娯楽用の映像装置等も装備されているので、走行中も快適な旅が約束されています。ほかのバスの装備としては、トイレ、冷蔵庫や湯沸かし装置なども装備されている事もあります。カラオケが完備されている車両もあるので、走行中カラオケ大会を開催することも可能です。

貸切バスを利用するにあたっては、それぞれ料金体系や利用条件が違ってきます。ですから、高速道路や有料道路を利用すると、その分の料金がかかります。他にも、駐車場代なども別途かかることもありますので注意しましょう。もし、渋滞などで時間が延長してしまったとしても、原則延長料金が発生することはないので安心です。ただし、これは予定通りバスが運行していることが前提となります。ですから、もし利用者自身の都合で時間が延長になってしまったら、追加の料金が発生することもありますので注意しましょう。

利用する際は、乗車人数や利用の目的、用途、希望の装備など、こちらの希望を伝えることで希望に沿った車種を選択することが可能な場合があります。手配されるバスの運転手はプロのドライバーとなっていますので、安心安全で目的地まで向かうことができます。もし何らかの事情で万が一キャンセルになってしまうのであれば、早めにバス会社に伝えましょう。キャンセルした日によっては、キャンセル料がかかる場合もあります。